幸せのきっかけを広げて…選び抜かれたギフト商品を展開するブランド

週末のおすすめ「海に行こう!」

梅雨明け宣言は「半宣言」だそうで、猛暑なのにまだ明けていなかったのですね。ちょっとびっくり。

でも今週の夏休みスタートと同時にやってきそうです。

毎年のように海を見過ごしてきてしまいました。日焼けが気になったり、海に入ることにためらいがあったり。

でもやっぱり広いし大きいし、視野が広がってすっきりする気がします。せっかくの夏なのだから「ちょっと海にお出かけ」を提案したいと思います。

日焼けが気になるなら夕方のお出かけもグー。

■眺める派

「葛西臨海公園」
東京近郊なら海を眺められる場所は結構ある。
葛西臨海公園はJR京葉線の葛西臨海公園駅の目の前。
散歩ついでに観覧車に乗ってぼんやり海を眺めるのもいい。夕方ならなおきれい。

kasai rinkai koen1

 

「お台場」
言わずと知れたお台場は東京湾から見た都会のビル群が素晴らしい。
夜景も美しく、屋形船に乗るのもオツ。

odaiba

 

■海で遊ぶ派

「江の島」
江の島は眺めてよし、海岸で水遊びしてもよし。
鎌倉から江ノ電で向かえばずっと海。天気が良ければ富士山も見れる。しかし混雑は必至。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

葉山「一色海岸」
JR逗子駅からバスに乗って一色海岸へ。のんびりしてる海岸。
お隣の長者が崎は有名な観光地。富士山、江の島まで見えたらラッキー。冬はよく見えますが。

isshiki kaigan

 

海は輝く太陽の下もいいけど、夕暮れが特にいい。
夕暮れは都会の海では夜景と入れ替わるし、郊外の海では闇と入れ替わる儀式だ。
いずれにしろ、儀式の後はまるで祭りの後のような感傷的な気分になる。
帰りはそんな気分を切り替えるかのようにラーメンで締めるのもいいかも?
(writen by Seen)